すーまにあ

生活向上したいあなたを応援するブログ

はじめての株式投資!あなたに楽天証券をおすすめする6つの理由。

はじめての株式投資1

 

 こんにちは、楽天証券好きのすーまんです。


 これから株の取り引きをしたいけど、どの証券会社がいいのか?
 
 お悩みの初心者に、最もお勧めしたい証券会社が楽天証券になります。

 証券会社比較サイトでも、常に上位に入る楽天証券ですが、私は楽天証券に口座開設して10年以上使い続けています。

 同業他社との取引手数料の比較は、比較サイトに任せるとして、それ以外の楽天証券の魅力について考えてみました!

 参考:楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)


 まあ取引手数料も、業界トップクラスだけどな!(゚Д゚;)

1.過去の全期間の取引履歴を確認する事ができる!

楽天証券がおすすめ2

 過去の全期間の取引履歴なんて、どこの証券会社でも見れるんじゃないの?と、思われるかもしれません。

 これがなかなかありませんし、大手ネット証券S社でも過去2年までとなっています。
 
 楽天証券では、資産の推移・株、投資信託、債券などの取引履歴・損益や税金履歴も確認できるんです!

 私の場合は過去の取引を確認し見直す事で、今後の取引に活かしています。

 この機能が地味に便利なんやで。(゚Д゚;)

2.取引ツールが充実している!

 取引ツールは、パソコンではMarketSpeed。スマホではispeed、Ipad用ispeedがあります。

 楽天証券では大手証券会社の中でも、珍しいMac版の取引ツールがあるんです!

 去年までMac使いだったので、非常に助かった思い出があります。

 とりあえず、株取引をしたいMac使いは、楽天証券を選んでおくといいでしょう。

 パソコンにスマホ、ipad用の取引ツールがあるのは、僕の知るかぎり楽天証券だけです。

 ipadで他社の取引ツールは、画面引き伸ばしてるだけじゃねーか!(゚Д゚;)

 肝心の取引ツールの使い勝手ですが、多機能なのに直感的に使えるようになっており、個人的には大手証券会社の取引ツールの中でも、1番使いやすいと思っています。

 しかし、スマホ版取引ツールであるispeedで、横画面に対応していません。

 以前の取引ツールでは見れた個別銘柄毎の評価損益がいちいち横にスワイプしないと見れないといった不満点もあり、今後のアップデートに期待したいですね。

 参考:取引ツール | サービス案内 | 楽天証券

3.確定申告のサポートがしっかりしている!

はじめよう楽天証券2

 楽天証券では、確定申告サポートページがあり、確定申告の際の記入箇所や入力に必要なデータがそろっている為、簡単に確定申告書の作成ができるようになっています。

 しかも、確定申告用に年間の貸株金利入金明細書を作成してくれるので、安心して貸株を利用できます!

 この年間の貸株金利入金明細書は、大手ネット証券S社では作成してくれず、泣く泣く入金履歴から、1つ1つ計算して確定申告書作成をしないといけなかったので、非常に面倒くさかったんですよねぇ。

4.クレジットカードで取引もできるんです!

 楽天証券の場合、楽天カードで毎月50,000円までという条件は、あるものの投信積立をクレジットカードで取引できます。

 そして、投信積立を楽天カード決済するメリットは、何といっても1%も楽天ポイントが付く事なんです。

 だだし、楽天市場と楽天証券を連携させ、受取ポイントコースを楽天証券ポイントコースから、楽天スーパーポイントコースに変更する必要があるので注意してくださいね。

 参考:楽天カードクレジット決済で投信積立 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

5.取引に応じて楽天ポイントが貰えてウハウハ!

はじめよう楽天証券3

 株式取引でも超割コース限定ですが取引手数料の1%ポイントが貰えます。

 その他にも投信積立の買付手数料の全額、上記楽天カード決済で紹介した方法や月末の投信残高に応じてポイントが貰える! 

 参考:手数料 | 楽天証券

 
 他にも、キャンペーンにエントリーや楽天銀行口座を持っているなら、楽天証券と連携しハッピープログラムでもポイントが貯まりまくりよ。(*'ω'*)

6.楽天ポイントで取引できるんです!

 限定ポイントは使えないという欠点はありますが、楽天会員になり、ポイント利用設定すれば、楽天証券で投資信託通常注文、積立注文に限り取引できます。

 そして、ポイント取引で必ずやってほしいのが、1度の注文でポイント込500円分以上の取引をしておくと楽天市場での獲得ポイントがなんと+1倍になるからおすすめ!

 つまり、1ポイントに499円でもいいし、500ポイントでもいいってこと!

 参考:ポイントで投資しよう! | 楽天証券


 ポイント上限設定は、状況に応じて使い分けるんやで。( ˘•ω•˘ )

おわりに

 楽天証券の魅力を最大限に活かすためにも、楽天市場・楽天カード・楽天銀行を利用すると良いかもしれません。

 この記事が生活向上の参考になれば幸いです。