すーまにあ

生活向上したいあなたを応援するブログ

本が多すぎて片付けられないとお悩みのあなたへ

 

f:id:su-man:20190107184629j:plain
 兼業投資家すーまんです。

 本が多すぎて片付けられないとお悩みのあなたへ、おすすめの方法は電子書籍を導入する事です。

 1.電子書籍とは?

 簡単に説明すると、紙の本をデジタルデータ化したものを、専用端末やパソコンやスマホアプリで読めるデジタルの本の事だと思ってください。

2.大量の本が小さい端末に収まるんです。


 どの位収まるかは、使う端末の容量次第ですが、現在僕の使っているスマホには、漫画・雑誌・小説・ビジネス本など、様々なジャンルの本が636冊も入っていますし、まだまだ余裕で入ります。

 もし、本が636冊あったら、部屋が狭くなりそう(;゚д゚)ゴクリ…

3.単なるデータなので、軽くて持ち運びも楽。

f:id:su-man:20190107185751j:plain
 紙の本だと、何冊もカバンに入れて持ち運ぶのは、大変ですよね?電子書籍なら、端末の重さだけなので、1冊でも1000冊でも重さや大きさは変わらず、常に持ち歩くのにも苦になりません。

 もし、本がこんなにあったら引っ越しは、大変かも(;゚д゚)ゴクリ…

4.本を読んだ続きは、端末同士共有されるので便利。

f:id:su-man:20190107190724j:plain
 設定さえすれば、家では専用端末で読み、通勤電車内では、スマホアプリで家で読んだ続きから読むことができるんです。

 これの便利なところは、5分だけとか、ちょっとした隙間時間に読むことができるので読書がはかどる事間違いなし!

5.紙の本と違って劣化しない。

f:id:su-man:20190107191012j:plain
 紙の本だと、日に当たったり、何度も読んでいると、どんどん傷んできますが、電子書籍はデジタルデータの為、紙の本のような劣化はありません。

6.紙の本より安く、売り切れがない。

f:id:su-man:20190107191915j:plain 
 ほとんどの場合、紙の本を新品で買うより安いです。

 紙の本ように売り切れる心配はありませんし、気になる本があれば、その場で購入すれば、すぐに読む事も可能です。

7.端末が変わっても再ダウンロード可能。

f:id:su-man:20190107192429j:plain
 端末が変わったら、今まで買った電子書籍が無駄になるんじゃないの?って、思われるかもしれませんが、購入元でデータを管理しているので端末が変わっても、再ダウンロード可能です。

8.デメリットも。

f:id:su-man:20190107192448j:plain

8-1運営会社が電子書籍サービスを止めたらデータがなかった事に

 これまで、サービスを止めた運営会社はいくつもあり、これからもサービスを止める運営会社もあるかもしれませんので、永遠に本を見れるわけではありません。

 なので、少しでもリスクを減らす為、どこの電子書籍サービスを利用するかが重要になってきます。

8-2すべての本が電子書籍化されているわけではない

 昔よりも本が電子書籍化されていますが、電子書籍化されていない本も、まだまだあります。

 このあたりは、自分欲しい本が電子書籍化されているか、確認すると良いでしょう。

8-3紙と違って目が疲れやすい

 スマホやパソコンで見ていると、かなり目が疲れるので、設定でブルーライトカットをするなど対策すれば、多少はマシになります。

 後で紹介する専用端末の中にも、目が疲れにくい物もあります。

8-4紙と比べて発売が遅い作品がある

 紙の本と同じ日に発売する作品もあれば、遅れて発売する作品もあり、早く読みたい人は注意が必要です。

9.じゃあどんな端末選べばいいのよ

 それは、Amazonのkindle1択です。

 理由は、Amazonは品ぞろえ豊富で、電子書籍シェア1位なので、サービス終了リスクが最も低いから。

 そのkindleも、たくさん種類があるので、自分に合ったkindleを選びましょう。

 おすすめは、こちら

  • ものは増やさず手軽に読みたい→kindleアプリ
  • 目が疲れるのはイヤ→Kindle Paperwhite
  • 雑誌や映画も見たい→Fire HD8

10.おわりに

 僕も、kindleのおかげでたくさんあった本を処分する事が出来ましたし、常に持ち歩けるので、ちょっとした隙間時間に読書をする習慣がつき、時間を有効に使う事ができるようになりました。

 この記事が、少しでも参考になれば幸いです。