すーまにあ

生活向上したいあなたを応援するブログ

確定申告書作成のススメ

確å®ç³åã«æ¥ã人ã®ã¤ã©ã¹ã

 兼業投資家すーまんです。

 もう、みなさんの手元には源泉徴収票や年間取引報告書など、確定申告に必要な書類が届いているかと思います。

 2018年分の確定申告は2月18日から3月15日までに済ませる必要がありますので、僕の場合を参考に確定申告書の入力方法について説明します。

 今回の確定申告では楽天証券メインの特定口座・源泉徴収無で給与所得、国内・米国株、配当・分配金、外国税額控除、貸株金利、FX、ふるさと納税の入力をします。

まずはじめに

 国税庁確定申告書等作成コーナーより、作成開始→印刷して書面提出する→利用規約に同意→平成30年分の申告書等の作成→所得税→左記以外の所得のある方作成開始の順に選択します。

 次の画面で、申告される方の生年月日の入力申告書の様式を~に☑を入れ入力終了を選択します。


 
すると、所得・所得控除等入力画面になるので必要項目を入力します。f:id:su-man:20190120151055p:plain

給与所得入力

 所得金額項目の給与を選択

f:id:su-man:20190120151753p:plain

 手元に源泉徴収票を準備し、源泉徴収票と画面左の記入例を基に必要事項を入力します。

f:id:su-man:20190120152256p:plain

 給与所得の入力は、源泉徴収票どおり入力するだけなので簡単にできると思います。

 すべて入力したら、入力終了を選択します。

株式等の損益入力

 株式・REIT・ETF・投資信託等で売買利益・損失があった場合は、分離課税の所得項目の上場株式等の譲渡所得等を選択します。

 上場株式等について詳しくは、こちらを参照。

f:id:su-man:20190120153634p:plain

 1配当所得の課税方法の選択を申告分離課税を選択します。

f:id:su-man:20190120160720p:plain

2株式等の売却・配当・利子等の入力「特定口座年間取引報告書」の内容を入力するを選択します。 

f:id:su-man:20190120155430p:plain
 1.口座情報の入力の源泉徴収の選択をにします。

 2.「譲渡に係る年間取引損益及び源泉徴収額等」の入力を、証券会社から送られてきた特定口座年間取引報告書を基に必要事項を入力します。
 
 3.「金融商品取引業者等」の入力を入力します。

 ※特定口座・源泉徴収有の場合この画面で、配当・分配金所得の入力も出来ます。

f:id:su-man:20190120163033p:plain

 他にも口座があればもう1件入力するを選択する。なければ、入力終了を選択します。

 2株式等の売却・配当・利子等の入力の下の方にある。平成29年分の申告で上場株式等に係る譲渡損失の金額を繰り越した方で、前年はなかったのでいいえを選択します。

 ※損失は3年間繰り越せるので、損失があれば必ず入力しましょう。

f:id:su-man:20190120164321p:plain

 問題なければ、入力終了→確認終了の順に選択します。

 源泉徴収有でも無でも入力箇所が少し増えるだけで、基本的には同じです。

配当・分配金所得入力

 株式等で配当や分配金があった場合は、分離課税の所得項目の上場株式等の配当所得等を選択します。

f:id:su-man:20190120165415p:plain

 1配当所得の課税方法の選択を申告分離課税を選択します。

 ※配当所得は、条件によっては総合課税で申告した方がお得ですが、別に住民税の申告も必要、損益通算できないというデメリットもあります。今回は、損益通算をしたいので、あえて申告分離課税で申告します。

f:id:su-man:20190120160720p:plain

 特定口座・源泉徴収無の場合、2株式等の売却・配当・利子等の入力の下の方にある「配当等の支払通知書」などの内容を入力するを選択します。

f:id:su-man:20190120171913p:plain

 1上場株式等の配当等に関する事項の個別に配当等を入力(訂正等)する。の入力するを選択します。

f:id:su-man:20190120172606p:plain

 特定口座・源泉徴収無では配当金の詳細がわからないので、あらかじめ楽天証券の口座管理→年間損益計算・確定申告サポートの中段にある配当・分配金等の受取の国内株式等の配当金明細を選択しPDFでダウンロードしておきます。

 ※米国株も同様に、海外株式等の配当金明細から確認可能です。

f:id:su-man:20190120173605p:plain

f:id:su-man:20190120174901p:plain

 この明細を基に全て入力します。複数あればもう1件入力するを選択します。

f:id:su-man:20190120175243p:plain

 入力後、問題がなければ入力終了→入力終了→入力終了→確認終了→確認終了の順に選択します。

外国税額控除入力

 米国株の配当金を受け取ると、二重課税が掛かってしまいますので、こちらの控除をつかって少しでも取り返します。

 方法として、税金の計算項目の外国税額控除を選択します。

f:id:su-man:20190120180446p:plain

 特定口座・源泉徴収無では外国所得税の詳細がわからないので、あらかじめ楽天証券の設定・変更→取引報告書(電子書面)の前年の全ての外国証券権利・配当案内書を選択しPDFでダウンロードしておきます。

f:id:su-man:20190120184843p:plain
 これを基に、Excelで必要事項をまとめておきます。このデータはPDFで保存しておきましょう。

f:id:su-man:20190120185224p:plain
 外国税額控除額の計算がお済みでない方を選択し、Excelでまとめたデータを基に必要事項を入力します。

 1つずつ入力すべきですが、面倒なので1つにまとめ、このように入力し、内訳はExcelのデータと外国証券権利・配当案内書を添付して確定申告したいと思います。

f:id:su-man:20190120185745p:plain

 その下の2調整国外所得の計算についても、相手国での課税標準と同じ額を入力し、3外国所得税額の繰越控除余裕額又は繰越控除限度額の計算の入力します。

 政令指定都市にはいいえを選択し、それ以外は今回が初めてなので入力はしません。

f:id:su-man:20190120191515p:plain

 入力後、問題がなければ入力終了を選択します。

 ※特定口座・源泉徴収有ならこの面倒な計算はないと思われる。

貸株金利の入力

 貸株金利は、総合課税の雑所得なので所得金額項目の雑その他を選択します。

f:id:su-man:20190120192941p:plain

 上記以外(報酬等)の入力するを選択します。

f:id:su-man:20190120193301p:plain

 貸株金利の詳細がわからないので、あらかじめ楽天証券の口座管理→年間損益計算・確定申告サポートの下段にある雑所得の貸株金利受取明細書を選択し前年の明細書をPDFでダウンロードしておきます。

f:id:su-man:20190120194302p:plain
 この明細を基に、このように必要事項を入力します。

f:id:su-man:20190120194636p:plain

 入力に問題なければ、入力終了→入力終了の順に選択します。

FXの損益入力

 FXの損益入力は、分離課税の所得項目の先物取引に係る雑所得等を選択します

f:id:su-man:20190120212131p:plain

 1所得区分は雑所得用を選択します。

 2取引の内訳入力は、FX業者のホームページから損益計算書をダウンロードしたデータを基に、このように必要事項を入力します。

 経費もあれば入力しましょう。セミナー代、書籍代など経費にできます。

 他の業者でも取引があれば、もう1件入力するを選択し、入力します。

f:id:su-man:20190120212928p:plain

 前年分までに所得損失があれば入力します。

 ※損失は3年間繰り越せるので、損失があれば必ず入力しましょう。

f:id:su-man:20190120214831p:plain

 入力後、問題なければ入力終了を選択します。

ふるさと納税入力

 ふるさと納税の入力は、所得から差し引かれる金額項目の寄付金控除を選択します。

f:id:su-man:20190120215214p:plain

 入力するを選択し、ふるさと納税をした自治体から送られてきた寄付金受領証明書を基に、このように必要事項を入力します。

 他にもあれば、別の寄付先を入力する又は、同じ寄付先をもう1件入力するを選択し、入力します。

f:id:su-man:20190120220649p:plain

 入力後、問題なければ入力終了→次へ進む→OKの順に選択します。

 ※ふるさと納税は、条件はありますがワンストップ特例を使えば確定申告しなくて済みます

全て入力が終わったら

 所得・所得控除等入力画面の一番下にある入力終了を選択します。

 住民税等入力の住民税・事業税に関する事項を選択します。

f:id:su-man:20190120222411p:plain

 1給与・公的年金等以外の所得がある方の入力項目は、必ず自分で納付を選択します。

 「自分で納付を選択しないと、どうなっても知らんぞーーー!!(゚Д゚;)」

f:id:su-man:20190120222601p:plain

 それ以外は、僕には関係ないので無視して入力終了→入力終了の順に選択します。

 還付金の振込先等、住所・氏名等を入力します。最後にマイナンバーを入力し、申告書等作成終了を選択します。 

f:id:su-man:20190120223656p:plain

 印刷する帳票を選択し帳票表示・印刷を選択します。

 今回は、ネットプリントを利用するのでPDFでダウンロードします。

 次へ進む→終了する→はいの順に選択します。

 これで確定申告書の入力は完了しました。お疲れさまでした。

おわりに

 今回の確定申告の記事はいかがだったでしょうか?
 
 僕は13710円も取り戻すことができましたので、みなさんも確定申告で払いすぎた税金を取り戻しましょう。

 この記事が生活向上の参考になれば幸いです。