すーまにあ

生活向上したいあなたを応援するブログ

ポートフォリオを公開するよ!(2019.01)

f:id:su-man:20190203102527j:plain
 こんにちは、兼業投資家すーまんです。

 2019年1月も終わったので、1月分の損益報告に続き2019年1月末時点でのポートフォリオを公開したいと思います。

www.2525suman.com



 今回からは、保有株数と運用資産評価額をあわせて公開しますね。

 では、2019年1月のポートフォリオは、どうなったでしょうか?

国内株

f:id:su-man:20190203001525p:plain

f:id:su-man:20190202233252p:plain

 国内株は、唯一6927ヘリオステクノを7,000株保有しており、時価評価額は4,928,000円で評価損益は-523,224円となっています。

 去年よりも、だいぶ戻ったけど、まだまだ下がりすぎだろ…( ˘•ω•˘ )

 2月5日の3四半期決算期待してるで…。( ˘•ω•˘ )

米国株

f:id:su-man:20190202234222p:plain

f:id:su-man:20190202234559p:plain

 米国株は、バフェット銘柄をベースに10銘柄保有していまして、どれも連続増配銘柄になっています。

 時価評価額は、日本円で2,303,428円で評価損益は-136,787円となっています。

 唯一プラスなのが、ハイテク銘柄のIBMだけっていうね。( ˘•ω•˘ )

 まあ、逆にバーゲンセール中ってことだから毎月少しずつ買い増ししていくさ…。( ˘•ω•˘ )

債券

f:id:su-man:20190203001356p:plain

f:id:su-man:20190203001424p:plain

 個人向け国債を変動10年で1,100,000円分持っているけど、これは完全に失敗したわ。

 なぜかって?、そりゃ、楽天証券と楽天銀行でマネーブリッジで連携すれば、金利が年0.1%なるんですよ!

f:id:su-man:20190203000553p:plain

(出典)楽天銀行

 そうなれば、融通の全く利かない個人抜け国債よりも、楽天銀行でってことになるわけでして、国債が今月で1年たつので、さっさと解約だね!(*'ω'*)

つみたてNISA

f:id:su-man:20190203002347p:plain

 つみたてNISAは、eMAXIS Slim先進国株式インデックスとeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を保有しており、時価評価額は406,580円で評価損益は-23,421円となっています。

 こっちも、米国株同様去年よりマシだけど評価損になってるよ。

 つみたて自体は2038年まで、できるからそんなに心配してないのと、評価が下がってる時こそ、保有口数を増やすチャンスだと思うわけですよ。(*'ω'*)

預り金/外貨預り金

f:id:su-man:20190203085019p:plain

 楽天証券に残っている預り金は、日本円を27,763円、米ドルを92,534円、合計で120,297円保有してます。

 これらの預かり金は、基本的に出金せずに投資にまわす予定。

企業型確定拠出年金(401k)

f:id:su-man:20190203092001p:plain

f:id:su-man:20190203092202p:plain

 企業型確定拠出年金は、野村外株インデックスファンドのみ保有していて、拠出金額累計2,394,000円にたいして、時価評価額は4,445,467円で評価損益は711,728円となっています。

 ちなみにこれまでの評価損益は、2,051,462円となっています。

 今のところ、評価益が出てるのはこれだけなのさ…( ˘•ω•˘ )

 つみたてNISAや確定拠出年金は、基本売らず買い続けた方が効率がいいので、その他の運用資産でポートフォリオの調整(リバランス)を行っています。

まとめ

ポートフォリオ2019/01

ポートフォリオ比率2019/01

 最終的にどうなったのかをまとめてみると

 時価評価額13,303,772円で運用比率は、このようになりました。

 意外と少ねーぜ。(;゚д゚)ゴクリ…

 このポートフォリオを、国内株20%、米国株・つみたてNISA・確定拠出年金を合わせて60%、REIT20%にしていきたいと思ってます。

 2月はどうなるか楽しみだわ。(*'ω'*)

おわりに

 今回のポートフォリオいかがだったでしょうか?ポートフォリオも人それぞれあり、どれが正解なんて誰もわかりません。

 なので、後悔しないよう自分の信念を貫きましょう!

 この記事が生活向上の参考になれば幸いです。