すーまにあ

生活向上したいあなたを応援するブログ

家計簿面倒!ズボラな僕でもお金の管理ができる簡単な方法。

家計簿


 こんにちは、ズボラなすーまんです。

 みなさん、お金の管理はどうしていますか?家計簿をつけて1円単位で管理している人もいることでしょう。

 以前、ブログで紹介した本多式貯金法を実行するにも、家計簿をつけお金の管理をするのが必須なんです。

www.2525suman.com


 しかし、毎日家計簿をつけるのが面倒な、僕のような人もいるのも事実。

 そこで今回、ズボラな僕でも家計簿をつけずに、お金の管理が出来る簡単な方法を紹介したいと思います。

 

その方法とは…


 結論からいうと、お金は以下の3つの方法で簡単に管理することができます。

電子マネー払い

電子マネー

 

 最優先なのは、この電子マネーで支払う方法です。

電子マネーのいいところ

 電子マネーの場合、サインレスで利用できるだけでなくコンビニ、大手スーパー、ドラッグストア、公共交通機関など、利用箇所が非常に多くあります。

 お金の管理も、すべて記録されているため、いつどこでいくら使ったかが一目瞭然なんです!

 もし、買い物をして電子マネー払いができるなら積極的に利用してるよ。( ˘•ω•˘ )

電子マネーのイマイチなところ

 そんな、電子マネーにもイマイチなところがあります。

 それは、電子マネーにもよるけど、高額決済に向いていないところですが、逆に使いすぎないというメリットもある。

 だから、一概にはダメとはいえないんだよな…。( ˘•ω•˘ )

クレジットカード払い

クレジットカード

 電子マネーが使えない場合は、このクレジットカードで支払う方法です。

クレジットカードのいいところ

 クレジットカードの場合、高額決済になるとサインが必要になるものの、利用箇所はネットショッピングなど電子マネー以上に多くあります。

 当然のことながらお金の管理も、すべて記録されているため、いつどこでいくら使ったかが一目瞭然なんです!

 電子マネー、クレジットカードだけで、ほとんどの支払いが可能なんです。( ˘•ω•˘ )

クレジットカードのイマイチなところ

 そんな、クレジットカードにもイマイチなところがあります。

 まずは、公共交通機関で使えないところ…。さすがにクレジットカードで、バスや駅改札を通るのは無理があるかな。

 あとは、少額決済に向いていないところ…。一応できるけど、決済のたびにレジでクレジットカードを出さないといけない。

 公共交通機関はいいとして、頻繁に発生する少額決済するのに、いちいちレジでクレジットカード出すのメンドクセーよ!(゚Д゚;)

現金の袋分け

袋分け

 電子マネー、クレジットカードが使えない場合も当然あるわけでして、こういう時は、現金を袋分けして対応しています。

袋分けのいいところ

 アナログ的ですが袋分けの場合、残金が目に見えてわかるところと、使いすぎを防げるところです。

 特に、残金が目に見えて管理できるのは、袋分けのいいところだよ( ˘•ω•˘ )

袋分けのイマイチなところ

 そんな、袋分けにもイマイチなところがあります。

 いちいち、預金口座からお金を下して袋に入れないといけないところ。

 あとは、いつ、どこで、いくら使ったか、正確にわからないところなどです。

 預金口座から、お金を下すってことは限られた取引回数が減るんだよね…。( ˘•ω•˘ )

お金の管理

 お金の管理をするということは、お金の流れを知ることです。

 つまり、いつ、どこで、いくら使ったか、お金の流れがわかれば家計簿は不要といえます。

家計簿つけている人は意外と少ない…

家計簿2

(出典)ソダン

 こちらの調査によると、家計簿をつけている人は1万人の内30%程度と、意外と少ないことがわかります。

 家計簿をつけていないのは、あなただけではありません。安心してください!

 家計簿アプリがどんなに進化して便利になっても、1円単位で家計簿をつけなければという、日本人特有の几帳面さが裏目に出て、挫折というか面倒になって、だんだんと家計簿をつけなくなるんですよね。

 僕もその1人や、家計簿つけるのめんどくさいです。( ˘•ω•˘ )

お金の流れがわかっただけでは意味はない

 お金の流れがわかっただけで、満足していないだろうか?お金の流れを知るのが目的ではありません。

 ここから、無駄を見つけ改善することが大事なんです。( ˘•ω•˘ )

どうするべきか…

どうするべき

 銀行口座、クレジットカード利用明細、電子マネー利用履歴、袋分けした現金残高から、どこでいくら使っているか、ざっくりと調べておく。

 なにに使っているかは、詳しくはわからなくても、使った場所と金額からだいたいの予想は可能です。

 ここでは、こと細かく調べるとズボラな僕でも嫌になるから、だいたいでいいよ。( ˘•ω•˘ )

何から手を付けるべきか

 何から手を付けるかですが、以下の2点に注意して手を付けていってください。

まず、やるべきこと

 我慢せずに1度やってしまえば、ずっと節約できる固定費の見直しをすることです。

 例えば、通信費ならスマホを格安SIMに変更、電気、ガスでも我慢する方法でなく安い会社に変更するなど、今までと使い勝手が変わらないものから始めよう。

 さらに、家賃や保険や車の維持費など、少し妥協するだけで効果の大きいものも、おすすめです。

 これらの方法は、面倒な手続きをしないといけないものの、1度やってしまえば効果は永続するので、やっておいて損はありません。

この時、やってはいけないこと

 食費、水道、ガス、電気などの流動費を食費を削る、節水、ガスを使わない、節電など我慢して節約することです。

 最初の1ヶ月、2ヶ月は良くても我慢する割には、たいして節約できず直ぐにリバウンドしてしまいます。

 たいていの人が節約に失敗するのは、このパターンなんですよね。( ˘•ω•˘ )

 我慢メぜったい!( ˘•ω•˘ )

目的を持つ

 あなたは、浮いたお金で何をしますか?趣味に使う、投資に使うなど人によって違うと思いますが、必ず目的を持ちましょう。

 目的を持たずに、節約したとしても新たなムダ使いが生まれるだけ!( ˘•ω•˘ )

おわりに

 今回紹介した方法で、お金の流れは管理できます。が、これを生かすも殺すも、あなた次第ということです。

 しっかり活用し、有効にお金を使いましょう。

 この記事が生活向上の参考になれば幸いです。