すーまにあ

生活向上したいあなたを応援するブログ

資産運用のためのポートフォリオ戦略!

資産運用ポートフォリオ1

 こんにちは、兼業投資家すーまんです。

 資産運用されている方は、どんなポートフォリオで運用されていて、どんなルールで売買をされていますか?

 ポートフォリオは、それぞれ個人の考えがあり、どれが正解かなんて答えがわかるのは、何十年も先のこと。

 今回は、僕なりのポートフォリオの考え方だったり、売買ルールを紹介したいと思います。

ポートフォリオの考え方

 僕が目指している運用比率は、国内株20%、外国株60%、REIT20%にしようと思っています。

なぜこの比率なのか?

 国内株は、外国株と違って1度売られ始めると、どんどん下がりなかなか株価が戻らないこと。

 そして数年前のように、どの株を買っても上がる時代は終わり、年々値上がりする株を見つけるのが難しくなっているんや。( ˘•ω•˘ )

 それに、10年間のパフォーマンスを見ても、日経平均はNYダウやS&P500など先進国の指数に比べ、見劣りするからです。

資産運用ポートフォリオ2

(出典)Yahoo!ファイナンス

 DJI=NYダウ GSPC=S&P500 N225=日経平均 を表している。

 このグラフを見れば、NYダウ・S&P500は10年間で3倍以上、日経平均は10年間で2倍以上と、どちらも上昇しているけど、大きく差が開いているのがわかるだろう。

 ちなみに、投資信託で人気の先進国インデックスファンドに使われているMSCI-コクサイ指数の国別構成比率は、65%が米国ということで、NYダウとよく似た動きになると思います。

 参考:学ぼう!「MSCI-KOKUSAIインデックス」の魅力 | 特集 | 楽天証券


 まあ、これから10年も、こんな動きするとは限らんけどな。( ˘•ω•˘ )

 だからといって、外国株100%ではリスクの分散にならないので、国内は業績が良く高配当な個別株、REITを20%ずつ保有し安定した資産運用をしていくつもりです。

 僕は、どの株が上がるかわからないから、高配当株を持ち続けるよ。( ˘•ω•˘ )

現在のポートフォリオはどうか?

 しかし、2019年3月末のポートフォリオを見ると、国内株34%、外国株52%、REIT1%、現金資産13%となっており、目指す運用比率には程遠いです。

 

www.2525suman.com

 

どうやって目指す運用比率するのか?

 単純に、国内株、外国株、REITを目指す比率になるように売買することですが、ただやみくもに売買しても、場合によっては長期投資のメリットがなくなってしまうので、注意が必要です!

売買ルール

 絶対やってはいけないことは、つみたてNISA、企業型確定拠出年金内で売買して調整することです。

 せっかくの無課税枠を無駄にするだけでなく、長期投資の醍醐味である複利のメリットが少なくなります。

 基本は、同じ金融商品を売らず買い続けること。

 よほど、良い金融商品が出ない限り同じ金融商品を、買うのがおすすめや。( ˘•ω•˘ )

比率調整は特定口座内の銘柄で決まり!

 運用比率の調整は、国内株、外国株、REITなどの個別株や投資信託など特定口座内の銘柄を、買うことで調整します。

 調整しきれないときだけ、売って調整すること。

 例えば僕の場合、国内株と現金資産比率が高いので、外国株とREITを集中的に買うことで、国内株と現金資産比率を下げて調整ですね。

 今年中には、無理かもしれんが来年には何とかしたい。( ˘•ω•˘ )

まとめ

 つみたてNISA、企業型確定拠出年金を売買して運用比率を調整しない。

 運用比率調整は、国内株、米国株、REITなどの個別株や投資信託を買うことで行う。

 こうすることで、メリットを最大限に生かせる。

おわりに

 今回のポートフォリオの考え方は、僕個人の考え方であり、他のポートフォリオがダメというわけではありません。

 このポートフォリオが正解かどうかなんて、かなり先の話なので現時点では、なにもわかりませんが、自分を信じて後悔のない運用をしたいものです。

 この記事が生活向上の参考になれば幸いです。