すーまん

投資歴16年目の兼業投資家です。 このブログでは、ただただ楽しいセミリタイア生活を目指しています。 現在3年目突入、月間1万PV&ブログ収益月間4ケタ達成中!

お金のこと

足りない年金2,000万円を投資せずになんとかしたい!知るべき3つのこと

2019年6月17日

足りない年金2000万円 準備編

 こんにちは、年金問題を日々考えてるすーまん(@2525suman)です。

 

 年金について、金融庁の報告書が問題視されていますが、簡単に説明すると年金だけじゃ2,000万円足りないので、足りない分は自分たちで資産形成してなんとかしてね。ってことなんです。

 

 ほとんどの投資家ブロガーたちも、年金2,000万円問題を取り上げ、足りない分は投資して、なんとかしようという結論になっています。

 

 何十年も前から足りないのは、わかっていましたし、とくにおかしいとは思いません。

 

 僕も金融庁や投資家ブロガーの意見に賛成で、10年以上前から投資をして対策を進めています。一方で、投資が嫌いな人もいるのも事実です。

 

 それに、他の投資家ブロガー同様に僕も投資をしようでは、面白くもないので、あえて投資をせずこの問題をなんとかしたい!

 

 そのためには、2,000万円足りない理由、将来の年金受給額、現在の支出額の3つを知る必要があります。

 

 この記事は2019年6月17日時点でのデータをもとに作成しています。

 

2,000万円という数字はどこから?

 この2,000万円という数字は、どこから出てきたのでしょうか?その根拠とは金融庁の報告書にあります。

 

 まずは、この金融庁の報告書を見てみることにしましょう。

 

 

ほうほう、なるほどな。

 

日本人の長寿化

 日本人は年々長寿化しており、現在は男性の平均寿命は81歳にまで伸びています。

 

 そして、現在60歳の人の4人に1人が95歳まで生きるという試算もあることが書かれている。

 

4人に1人が95歳まで、生きるだと…。

 

年金2,000万円足りない理由

 金融庁の報告書10ページ目を見ると、高齢夫婦無職世帯の平均的な実収入が209,198円、実支出が263,718円となっています。

 

 夫65歳以上、妻60歳以上のみの無職世帯の平均値の内訳は、以下のグラフのとおりです。

 

足りない年金2000万円1

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書記載のグラフを引用しグラフを再作成。

 

 つまり、この実収支の差が約5.4万円/月の赤字で30年生きたとすると約2,000万円足りないってこと。この部分がひとり歩きをして、問題になっているわけです。

 

 ちなみに、支出については特別な支出(老人ホームなどの介護費用、住宅リフォーム費用など) は含まれていないので注意が必要です。

 

ちなみに、僕はぼっちなのでこの実支出が高いのか?安いのか?判断できねェ!

 

大事なのは2,000万円貯めることじゃない

 年金2,000万円足りない理由がわかれば、この2,000万円の部分は人によって違うことは、わかることでしょう。それは0円かもしれないし、3,000万円かもしれない。

 

 大事なのは実収入≧実支出にすること。例えば、毎月の赤字が1万円なら30年で360万円で済むわけです。

 

最悪でも実収支の差を減らしておくと、将来ラクやで。

 

将来の年金受給額を知ろう!

 将来の年金受給額と現在の支出額を知らなければ、対策計画をたてることができません。まずは、調べて現状を知ることです。

 

さて、僕はいくらもらえるのかしら…?

 

ねんきんネットで将来の年金受給額を調べるわけですが、利用するには、ご利用登録する必要があり基礎年金番号、メールアドレスを登録しないといけません。

 

 基礎年金番号は、年金手帳か、毎年誕生日月に送られてくるねんきん定期便に記載されているので確認しましょう。

 

 ねんきんネットへログインしたら、年金見込額試算を選択し3つある試算方法の中から試算しましょう。

 

 今回は僕の場合65歳の時点で、どのくらい年金を受け取れるのか?試算してみました。

 

試算条件

  • 年齢40歳
  • 会社員
  • 独身
  • 年収470万円
  • 現在の年収が60歳まで続くと仮定
  • その他収入源は含まず年金のみ

 

足りない年金2000万円3

 実際に試算してみると約13.6万円/月ということがわかりました。

 

年収も毎年上がるから、13.6万円/月より上がるハズや!

 

現在の支出額を知ろう!

 将来の年金受給額がわかったら、支出も調べてみましょう。

 

6月分支出項目金額(円)
家賃52.400
食費30,000
コンビニ24,615
外食7,874
電気5,000
ガス5,000
水道2,500
交通費2,000
通信6,500
娯楽5,000
美容4,000
その他1,000
合計145,889

 ちなみに僕の場合、現在の支出は約15万円でした。

 

将来は、もっと上がるかもしれん!気をつけなきゃ。

 

 つまり僕の場合、現時点で約1.4万円/月、30年で約500万円ほど不足するっぽいです。

 

 ただし、これは最低限なので、もっとゆとりある生活がしたいなら、さらに不足することになる。

 

まとめ

 今回の足りない年金問題。準備編。を簡単にまとめると、こんな感じになる。

 

この記事のまとめ

  • 年金2,000万円足りない理由を知る
  • 将来の年金受給額を知る
  • 現在の支出額を知る

 

 今回の年金問題で、年金について深く考えるきっかけとなりました。僕も年金のこと、より理解したいと考えこちらの書籍、田村正之著「人生100年時代の年金戦略」を購入し、今も勉強をしています。

 

 

 この記事では、まず準備段階として現状を把握しました。それによって、実際のところ自分がいくら足りないのか?理解できたと思う。

 

 次回の記事では、この実収支をいかに実収入≧実支出していくのか?その方法を紹介します。

 

足りない年金2000万円
足りない年金2,000万円問題を投資せずになんとかしたい!やるべき3つのこと

続きを見る

 

 この記事が楽しいセミリタイア生活の参考になれば幸いです。

-お金のこと