すーまにあ

セミリタイアを目指すあなたを応援するブログ

iPhoneⅩからiPhone11Pro Maxに変えてどのくらい大画面のメリットがあったのか?

iPhone画面比較6


 こんにちは、iPhoneは基本大画面を購入するすーまんです。

 電子書籍や動画を観たいとき、画面が大きいほうがいいですよね。

 でも、タブレットじゃ大きすぎるし、じゃまになる。電子書籍と動画のためだけに買うのもアレだし…。という人もいるハズです。

 僕も、以前はiPhoneSEとiPadProなんて、組み合わせで楽しんでいましたが、電子書籍と動画くらいしか使っておらず、もったいないと思っていました。

 そこで、毎日使うiPhoneを大画面にして電子書籍も動画も、これ1つで楽しもうってわけなのです。

www.2525suman.com

 結論からいうと、iPhone11Pro Maxに変えて大画面のメリットは十分あり、大満足です。

 この記事は2019年9月29日時点のデータをもとに作成しています。

 

iPhoneの画面スペック

 まずは、画面スペックですが 以下のとおりになっている。

iPhone画面比較1

(出典)Apple iPhoneのモデルを比較する

 iPhoneの中でも、1番画面の大きなiPhone11Pro Maxですが、実際のところ動画、電子書籍でどのくらい効果があるのか比べてみましょう。

 買ってよかったiPhone11Pro Max!(゚Д゚;)

動画ではどんな感じに見える?

 YouTubeでカラーパターンを表示して、iPhone11Pro Maxではどんな感じに見えるのでしょうか?

 横画面にしたとき、動画を縦幅に合わせると左右が約18mmずつくらい黒帯が出てしまいます。

iPhone画面比較4


 逆に、横幅に合わせると上下が見切れてしまう、とくに字幕があるとダメですね。

 横画面にしたとき、縦幅に合わせて動画を観るのが正解でしょう。iPhoneⅩからでも、十分大きく見えました。

 まあ、ひと回りくらい大きく表示されるよ。(*´ω`*)

電子書籍ではどんな感じに見える?

 コミックや雑誌では、縦表示をすると上下が約26mmされない部分がありますが、意外とコミックは読めたりします。

iPhone画面比較5


 雑誌は、文字が小さすぎて拡大しながらじゃないと、読みづらいです。

 iPhoneⅩからiPhone11Pro Maxに変えると、同じ文字サイズで比較した場合、横は2文字、縦はそれ以上に多く表示されるようになりました。

iPhone画面比較6

両方とも文字サイズは初期状態(5段階目)で比較

 iPhone11Pro Maxの文字が小さく見えるのは、iPhoneⅩと画面の大きさを合わせているためで、文字の大きさは変わりません。

 つまり、コミックや雑誌以外の小説などのテキストのみの本の場合、最大限の効果を発揮するわけなんですよ。

 それ以外にも、PCサイトを見るときなんかも、情報量が多く表示されるので、結構見やすくなっている。

 小説やブログを見るときとか便利だわ。(゚Д゚;)

ただしイマイチなところも

 デカいので手が滑ったり、ポケットからぽろっと落としやすい。iPhoneⅩでも、小さいから落とさないだろうと油断したら、1年間で3度も落としてしまいこんな姿に…。

iPhone画面比較2

あんな姿や

iPhone画面比較3

こんな姿に…(;゚д゚)ゴクリ…

 うぁぁぁんヽ(`Д´)ノ

 と、こうならないためにスマホリングの出番ですよ。

 

 このスマホリングは、スマホ操作中に手が滑って落とすリスクを減らすだけでなく、薄くて邪魔にならないスマホスタンドの機能もあり、便利なんですよ。

 イマイチなところがもう1つあり、それは重いことiPhoneⅩ(174g)からiPhone11Pro Max(226g)と約50gも重くなっている。

 ベッドであおむけになりながら、スマホをいじっていると地味に腕にくる重さなんですよね。

 まあ、普段使う分には大した影響はないんですが、重くなったことで先ほど紹介したスマホリングのスタンド機能が、自重でほぼ使えません。
 リングの向きを変えたりすれば、一応使えるっていう…(´-ω-`)

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

iPhone画面比較7

  • 動画と電子書籍のためにタブレットを買うのはもったいない
  • 動画は以前より大きく表示される
  • 電子書籍も以前より大きく表示される
  • ただし、大きく重くなったのでスマホリングを忘れずに

おわりに

 以上のことから、タブレットを動画や電子書籍しか使わないのであれば、iPhone11Pro Maxで全てこなすという選択肢もアリではないでしょうか?

 そのほうがお金も場所もムダにならずに、スマートだといえます。

 この記事が生活向上の参考になれば幸いです。