やりたいこと その他

Twitterでプレゼント企画!ホントに効果アリ!?実験してみました

2020年1月2日

 こんにちは、Twitter研究生のすーまん(@2525suman)です。

 

 お正月を迎えTwitter上では、昨年と同様元社長だったあの人もプレゼント企画をやって、拡散・フォローされていますよね。

 

 そこで僕もプレゼント企画をやって、どのくらい拡散・フォローされるのか?気になったので、実際にやって確かめてみました。

 

 この記事は2019年1月1日時点のデータをもとに作成しています。

 

Twitterプレゼント企画の結果

 以下の内容でプレゼント企画を実施したところ…。

 

 

 実験前2,691人だったフォロワーが、終了時にはリツイートは33回され、2,753人62人(2.3%)増えました。

 

Twitterプレゼント企画4

実験前

 

Twitterプレゼント企画5

実験後

 

 2019年12月29日から2020年1月1日の期間で実験した結果、4,500近く見られましたが、思ったほど拡散効果がありませんでした。

 

Twitterプレゼント企画3

 

むむむ…、なにが原因なのか?

 

 今回のプレゼント企画の効果はイマイチでしたが、当選者の方には喜んでもらえたようで、それだけでもやってよかったと考えています。

 

このプレゼント企画に応募していただき感謝!!

 

この企画のきっかけ

 この企画をやろうと考えたきっかけとして、フレッツ光のポイントが7,000pt余っており、ポイント交換商品の中にとくに欲しいものがないこと。

 

 せっかくなら、金券と交換してプレゼント企画をしたら、どうなるか?を実験してみたくなったのがきっかけでした。

 

 それで、みんなが興味のありそうな金券の中から選ぶことに。ニンテンドープリペイド番号、App Store & iTunesギフトカード、Huluチケットの3つですね。

 

Twitterプレゼント企画1

 Twitterで使っている人が多いiPhoneで使いやすいApp Store & iTunesギフトカード1,000円分を7名にプレゼントすることに決めたわけです。

 

Amazonギフトカードさえ、あればよかったのに…。

 

プレゼント企画を成功させるには

 Twitter上では、怪しい詐欺まがいのプレゼント企画が多く、フォロワー数のわりにほとんど拡散されていません。

 

 成功させようと考えると「信用」が大事だということです。

 

 それを証拠に、公式Twitterのプレゼント企画や承認バッチ付き本人の企画では多く拡散されていました。

 

 僕が信用を得るには、なにが必要なのか?

 

 それは、しっかりとプレゼントしたという「実績」です。フォロワー数なんかいくらあっても、怪しいものは怪しいです。

 

僕は1ミリたりとも、怪しくありませんよ!😎😎😎

 

 そこで、僕がプレゼントをして当選者がTwitter上で報告する。そうすると、みんなの目に留まり、信用を得ることできるってわけです。こんな風にね。

 

 

 

 

次は、もっと増えそうな気がする。

 

 あとは、年末ということもありTwitterを見る時間がない、見逃したなどの意見もあり、これもリツイートの少ない原因の1つでしょう。

 

 期間をもう少し伸ばすとか、対策する必要がある。

 

 

気づいてなかった人もいたんやな。

 

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

 

この記事のまとめ

● 今のままではプレゼント企画の効果は薄い

● 使い道のないポイントでプレゼント企画を思いついた

● 企画成功には信用が大事

 

 これ以外にも、この時期はプレゼント企画が大量にタイムラインに流れて邪魔という意見もある。

 

 僕もこの意見に賛成なので、あまりやりすぎないように、フォロワーのみなさまに還元していきます。

 

今回の実験でいい経験ができました。

 

 この記事が楽しいセミリタイア生活の参考になれば幸いです。

-やりたいこと, その他

Copyright© すーまにあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.