お金のこと 資産運用

【株価暴落】狼狽売りしないために注意すべき5つのこと

 こんにちは、兼業投資家すーまん(@2525suman)です。

 

 2020年2月の最終週より、株価は暴落しており、まだまだ下がるんじゃないかと不安な人もいるでしょう。

 

絶対売らないぜ!

 

 と強気発言をしていても、こんな状況になると、つい狼狽売りをしてしまうもの。

 

狼狽売りとは

株価暴落に精神的に耐えられなくなり、自分で決めたルールを無視して感情に身を任せて、売却してしまうこと。

 

 そこで今回、株式投資歴15年の僕が狼狽売りをしないために注意すべき5つのことについて紹介します。

 

なんども狼狽売りして、さすがに学習しましたよ。

 

まさか、15年前に狼狽売りした銘柄があんなことになっているとは!

 

関連記事
【株価暴落】株式投資歴15年の僕が初めて狼狽売り!その銘柄の今を語る

続きを見る

 

 この記事は2020年3月4日時点でのデータをもとに作成しています。

 

狼狽売りしないために注意すべき5つのこと

狼狽売り注意1

 株式投資を15年もやっていると、なんども狼狽売りを経験しています。

 

 さすがに学習して狼狽売りしないために、どうすればいいのか?5つのことに注意するようになりました。

 

1. 余裕資金で投資をする

 投資家なら、当然ですが余裕資金で投資をする。

 

 余裕資金で投資をすれば、日経平均やNYダウが10%、20%下がったところで、いきなり生活に困ることはありません。

 

 そして、株価が下がったからといって、生活防衛資金に手を出さないこと。

 

 たとえば、余裕資金以上の投資、生活防衛費を出動しての投資をしていた場合、さらに株価が下がると精神的に不安になり狼狽売りをしてしまいます。

 

 いつ株価が上昇するか?誰にもわかりませんので、余裕資金のみで投資をしましょう。

 

余裕資金なら何年でも待てるぜ!

 

2. 現物取引で投資をする

 取引には現物取引と信用取引がありますが、現物取引で投資をする。

 

 信用取引は現金や株式を担保として証券会社に預け、担保の評価額の最大3.3倍まで株式の取引できるメリットがある。

 

 うまくいけば、大儲けできますが失敗すると狼狽売りするハメになる。

 

狼狽売りしたくないので、信用取引しまへんで!

 

 我慢したとしても追証が発生、入金・振替または建玉の決済をする必要があります。

 

信用取引怖ェェ!

 

3. 分散投資をする

 個別株を集中投資せず分散投資すること。

 

 運用する金融商品の分散国の分散業種やセクターの分散など自分で管理できる範囲で分散すると、個別株を集中投資しているときより資産の減りかたも緩やかになる。

 

たとえば

金融商品 株式、REIT、債券、金、保険、定期預金など
日本、アメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポールなど
業種/セクター 金融、サービス、ハイテク、エネルギー、耐久消費財など

 

 もし、分散投資しておかないとイザというときに、株価の下げに精神的に耐えられず狼狽売りしますよ。

 

関連記事
【株価暴落】株式投資歴15年の僕が初めて狼狽売り!その銘柄の今を語る

続きを見る

 

経験済みやで。気ぃつけや。

 

 分散投資をしたいけど、どれを選べばいいのかわからない。面倒という人は、投資信託やETFを購入するだけでも十分な分散になると思います。

 

たとえば

ETF VOO、SPDRなど
投資信託 eMAXIS Slim 先進国、S&P500、全世界、8資産均等型など

 

分散してたから致命傷だけは避けられたわ。

 

4. 長期投資をする

 長期保有を意識した銘柄に投資をすること。

 

 短期で利益を狙うような銘柄に投資をせず、業績がよく高成長銘柄、高配当銘柄、連続増配銘柄などに投資をする。

 

資産となる銘柄に投資するんや。

 

関連記事
no image
【金のなる木】配当金生活のための連続増配銘柄の魅力。

続きを見る

関連記事
配当金生活のための投資戦略!2020年の金のなる木の育て方

続きを見る

 

 狼狽売りしない銘柄選びのコツは、株価が上がっても、下がっても嬉しいと思える銘柄を選ぶのがいい。

 

株価下がってくれてありがとう!

 

5. 周りに流されない

 Twitterや掲示板など、周りの意見に流されて狼狽しないこと。

 

周りの意見は、せいぜい選択肢の1つにすぎない。正解じゃないよ。

 

 将来の株価は、誰にもわからないので周りの意見は一切無視してかまいません。

 

株価がどうなるかわかったら、誰でも金持ちやで。

 

 信じられるのは、自分だけです。しっかり調べて納得して購入した銘柄なら問題なし。

 

 自分の資産のことなんだから自分のルールに従って売買しよう。

 

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!

 

+α 株価を見ない

 さらに、もう1つ追加するなら、僕のフォロワーである。4月末にアーリーリタイアする投資家のおけいどん氏(@okeydon)の狼狽売り対策の1つ。株価を見ないことです。

 

 

 これが、1番狼狽売り対策に効果的な方法です。株価を見なければ、精神的に不安にならないので狼狽売りしなくて済む。

 

美味いものでも食って、忘れるのが1番や。

 

 そして、株高やキャピタルゲイン(売買差益)に依存していないのでリタイア計画に影響がないという。

 

 

僕もセミリタイアするなら見習わないといけないな。

 

 

ホントこれ。狼狽売りする前にもう1度思い出してみよう。

 

でも、つい株価を見てしまうのよね。売らないけど。

 

 そんな、おけいどん氏のブログは以下のリンクからどうぞ!

 

 

すぐに売ったほうがいいのは

狼狽売り注意2

 短期目的、なんとなく買った銘柄などの場合、さっさと売っぱらいましょう。

 

 株価が暴落すると、買い値以上に株価が上がるまで時間がかかります。

 

 短期目的や、なんとなく買った銘柄では、保有する理由が弱いので、株価が下がりはじめると我慢できず狼狽売りしますよ。

 

僕もなんど、やらかしたかわかりません。

 

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

 

この記事のまとめ

● 余裕資金て投資をする

● 現物取引で投資をする

● 分散投資をする

● 長期投資をする

● 周りに流されない

● 株価を見ない

 

 短期で目先の利益を追求しようとすると、今回のような株価暴落に耐えられず狼狽売りしてしまう。

 

 僕の場合は最終的に儲かればいいので、途中はどんなに株価が下がっても気にせず買い増しを続けています。

 

最終的に儲かればいいんや。

 

 たとえば、企業型確定拠出年金を2005年から運用していますが、なんども○○ショックを食らい株価暴落を経験しました。

 

 それでも気にせず、買い増しを続けた結果、資産評価額が投資した額の倍になってます。

 

つまり、大きく資産を増やすには大暴落は必要ってこと。

 

ポートフォリオ公開2020年2月2

 今でこそ、株式市場から退場こそしていませんが、過去には、過去最大級の狼狽売りをしてホンキで退場しかけましたが、それは今度記事にしたいと思う。

 

まだ、退場するわけにはいかねェ!

 

 この記事が楽しいセミリタイア生活の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すーまん

兼業投資家です。WordPressでブログ「すーまにあ」(http://2525suman.com)を運営中。 お金のこと、健康のこと、やりたいこと、気になるモノなど、楽しいセミリタイア生活ができるよう全力を注いでいます。現在2年目突入、月間1万PV&ブログ収益月間4ケタ達成中!

-お金のこと, 資産運用
-, , , ,

Copyright© すーまにあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.