すーまん

投資歴16年目の兼業投資家です。 このブログでは、ただただ楽しいセミリタイア生活を目指しています。 現在3年目突入、月間1万PV&ブログ収益月間4ケタ達成中!

お金のこと 資産運用

【配当金】株式投資歴15年目の受取総額はいくら?今後の配当予想と目標とは

配当金受取総額

 こんにちは、兼業投資家すーまん(@2525suman)です。

 

 2006年6月から株式投資をはじめて、今年で15年目になりました。株式投資を15年も続けているなら、かなり配当金を受け取っているのでは?と、他人の配当事情が気になりますよね。

 

 そこで今回、楽天証券の機能を使い、これまで受け取った配当金を調べてみましたので紹介します。

 

こういうとき、何十年も前のデータを見れる楽天証券便利やで。

 

 この記事は2020年7月19日時点でのデータをもとに作成しています。

 

株式投資歴15年目の受取総額はいくら?

配当金 これまで

 結論を言うと、これまでの受取総額は税引前で396,538円2,687.59(約289,283円)ドルでした。

 

15年間で、この程度なのか……。

 

 なぜこんなに配当金が少ないのか?その理由は、配当金を意識し始めたのがここ2、3年前だったからです。

 

それまでは、売却益や株主優待狙いでした。

 

2006年~2018年末までの配当金

配当金 2018年まで

 本格的に配当金を意識して投資をするまでは、税引前で139,504円232.4ドル(約26,000円)日本円で約1/3、米ドルで約1/11以下と、かなり少ないことがわかります。

 

配当金少なッ!

 

 しかも、このうちの2/3が2018年に受け取っていました。それまでの売却益や優待狙いでは、以前ほど稼げなくなってきたから配当金狙いに変更していたころでもある。

 

 配当金狙いといっても、当時参考にした書籍から高配当株よりも連続増配株に的を絞り、売買を繰り返しながら現在のポートフォリオになりました。

 

金のなる木 連続増配銘柄
【金のなる木】配当金生活のための連続増配銘柄の魅力

続きを見る

 

2019年から現在までの配当金

配当金 2019年から

 次に2019年~2020年7月19日までの配当金の受取額は、税引前で257,034円2,455.19ドル(約263,283円)と、2018年までと比べて日本円は約2倍、米ドルでは10倍以上受け取っています。

 

2年もたたずに、一気に増えとるやないか!

 

配当グラフ

 配当金の内訳を見ると2019年は356,360円(税引前)、2020年は7月19日時点で163,957円(税引前)受け取りました。

 

 月別の配当金の推移では、6月以外は前年同月と比べて増えていることがわかります。

 

少しずつでも配当金が増えてるやん。

 

今後の配当予想

銘柄種別保有数配当(1株)配当合計(税引前)
ヘリオステクノ国内株7,0006円42,000円
上場豪州リートREIT6057.6円3,456円
LIOPREIT7000.01ドル7ドル
RWRREIT393.3ドル128.7ドル
KHC外国株1861.6ドル297.6ドル
KO外国株1201.64ドル196.8ドル
MCD外国株305ドル150ドル
MO外国株2003.36ドル672ドル
MSFT外国株402.04ドル81.6ドル
TSM外国株801.67ドル133.6ドル
VIG外国株272.22ドル59.94ドル
VZ外国株572.46ドル140.22ドル
XOM外国株983.48ドル341.04ドル

 楽天証券の市況情報をもとに、現時点でのポートフォリオから、今後の配当を予想すると税引前で年間45,456円2,208.5ドル(約236,309円)になる予定。

 

これなら、ヘリオステクノの減配分もカバーできそうですわ。

 

配当金生活のための投資戦略!2020年の金のなる木の育て方

続きを見る

 

目標

 2020年は250,000円(税引後)を目標にしているので、最低でも300,000円(税引前)は欲しいところです。

 

あと5ヶ月で残り約14万円の配当金って、大丈夫なのだろうか?

 

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

この記事のまとめ

  • これまでの受取総額は税引前で396,538円2,687.59(約289,283円)ドルでした
  • 2006年から2018年末までは、ほとんど配当金を受け取っていない
  • 2019年から2020年7月19日時点で、税引前で257,034円2,455.19ドル(約263,283円)受け取ることができました
  • 現在のポートフォリオから、税引前で年間45,456円2,208.5ドル(約236,309円)になる予定
  • 2020年の目標は税引前で300,000円

 ハッキリ言って、セミリタイアを目指すなら配当金を受け取り再投資するよりも、配当金の少ない、またはでない成長銘柄やETF・投資信託に投資したほうが税金の分だけ効率はいい。その後、高配当銘柄に投資すべきでしょう。

 

一応、企業型確定拠出年金、つみたてNISAでは投資信託に投資してますよ。

 

 それでも、連続増配銘柄に投資しているのは、株価が割安なうちに購入しておきたいからです。

 

将来、今の株価で買えるとは限らないので。

 

これが正解かどうかは、現時点ではわかりませんが自分を信じてコツコツ買い増ししていきます。

 

 この記事が楽しいセミリタイアの参考になれば幸いです。

 

-お金のこと, 資産運用