お金のこと 資産運用

【日興フロッギー】海外の株に投資するETFが7本追加!選んだのはコレ

日興フロッギー

 こんにちは、兼業投資家すーまん(@2525suman)です。

 

 これまで、日興フロッギーでは投資をしたいETFがなく、ポイント投資をはじめた当初は、日本個別株に投資をしていました。

 

日興フロッギー
【日興フロッギー】はじめてのポイント投資!投資を決めた3銘柄と理由

続きを見る

 

 2020年10月9日ついにこのときが来ました。なんと、日興フロッギーにて、海外に投資するETFが7本も追加されたんです。

 

やっと来たか!

 

 この追加された7本のETFから、投資したいと選んだのは世界株に投資する「1554 上場インデックスファンド世界株式(MSCI-ACWI)除く日本」(上場MSCI世界株)です。

 

 それでは、このETFを選んだ理由を詳しく紹介します。

 

 この記事は2020年10月16日時点でのデータをもとに作成しています。

 

 投資は自己責任でお願いします!

 

今回追加されたETFはこの7本

投資対象 コード 銘柄 信託報酬(税抜)
全世界
(除く日本)
1554 上場インデックスファンド世界株式
(MSCI-ACWI)除く日本
0.24%
先進国 1680 上場インデックスファンド海外先進国株式
(MSCI-KOKUSAI)
0.24%
2513 NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI
指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信
0.17%
2514 NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI
指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信
0.17%
米国 2562 上場インデックスファンド米国株式
(ダウ平均)為替ヘッジあり
0.3%
2521 上場インデックスファンド米国株式
(S&P500)為替ヘッジあり
0.15%
2563 iシェアーズ S&P500 米国株 ETF
(為替ヘッジあり)
0.075%

 今回、追加されたETFは全世界が1本、先進国が3本、米国が3本となっています。これまで、日興フロッギーで取扱いETFとして30銘柄ありました。

 

ほとんどが日本株式に投資するETFなんですよ。

 

 そのうち、海外の株に投資する銘柄といえば、中国株式、ブラジル株式、新興国株式など、新興国に投資する銘柄ぐらいしかなく、投資したいと思えるものではありませんでした。

 

最初から、先進国に投資できるようにしとくべきやろ!

 

1554 上場MSCI世界株を選んだ3つの理由

日興フロッギー 売買履歴

 10月15日・16日で、その時保有していた個別株3銘柄をすべて売却し、上場MSCI世界株(1554)を選びました。その理由として3つあります。

 

1ヶ月で7.4%も儲けたわ。

 

1.多くの国、銘柄に分散投資できる

 まず1つ目は、多くの国、銘柄に分散投資できるのでリスクを抑えられる。上場MSCI世界株(1554)では、MSCI ACWI ex Japanインデックスに連動する運用結果を目指して運用を行っています。

 

MSCI ACWI ex Japanインデックスとは

先進国23ヶ国、新興国23ヶ国、銘柄数2,484で構成されているMSCI ACWIインデックスから、日本を除いた指数になります。

*2017年1月末時点

 

ETF1本で、ここまで分散投資できるのか。

 

上位構成国

国名 分類 構成比(%) 国名 分類 構成比(%)
アメリカ 先進国 62.56 カナダ 先進国 2.9
中国 新興国 5.59 ドイツ 先進国 2.76
イギリス 先進国 3.81 豪州 先進国 1.88
フランス 先進国 3.05 台湾 新興国 1.7
スイス 先進国 2.98 韓国 新興国 1.61
      その他   11.17

(引用)日興アセットマネジメント株式会社 上場MSCI世界株(1554) マンスリーレポート2020年9月30日

 最新のデータで、このETFを構成している国を見てみると、約62%がアメリカと高い構成比率となっていて、2位の中国と圧倒的な差があります。

 

世界全体の株式規模から、当然の結果やな。

 

上位構成銘柄

銘柄 セクター 構成比(%) 銘柄 セクター 構成比(%)
APPLE IT 4.2 ALPHABET C コミュニケーション 0.93
MICROSOFT IT 3.17 ALPHABET A コミュニケーション 0.92
AMAZON 一般消費財 2.79 J&J ヘルスケア 0.82
FACEBOOK A コミュニケーション 1.32 TENCENT コミュニケーション 0.79
ALIBABA 一般消費財 1.15 TSMC IT 0.77

(引用)日興アセットマネジメント株式会社 上場MSCI世界株(1554) マンスリーレポート2020年9月30日

 上位構成銘柄を見ると、10銘柄中7銘柄が米国株でありGAFAMがすべて入っています。全世界、先進国、米国(S&P500)の上位には必ず入っていて、違いといえば残りの銘柄や構成比率が違う程度。

 

GAFAMとは

  • G Google
  • A Apple
  • F Facebook
  • A Amazon
  • M Microsoft

の頭文字をとって名付けられた言葉。

 

上位構成銘柄は、IT、コミュニケーションばかりやな。

 

2.値上がりに期待できる

上場インデックスファンド世界株式

(出典)日興アセットマネジメント 上場MSCI世界株1554

 2つ目は、2011年3月8日に上場して以来、基準価額、指数ともに右肩上がりになっており、これからも値上がりに期待できること。現時点で約2.3倍になっています。

 

(出典)日興フロッギー 

(出典)日興フロッギー 世界中の株を100円で! ETF7本が新たに追加されました

 しかも、上場日から2020年9月30日まで、毎日100円ずつ積み立てた場合、23万円に対し評価額は34万円になります。

 

す、すげーな。

 

3.全世界株式に投資するETFを保有していない

 3つ目は、全世界株式に投資するETFを保有していないこと。企業型確定拠出年金では、先進国。つみたてNISAでは、米国株(S&P500)に投資する投資信託やETFを保有しています。

 

ポートフォリオ2020年9月
ポートフォリオ公開2020年9月!ポイント投資開始

続きを見る

 

 どうせ買うなら、保有していない全世界に投資するETFにしようと考えました。

 

さすがに新興国だけのETFは、買いませんけどね。

 

信託報酬が高いのが欠点

 全世界に投資するETFとはいえ信託報酬が0.24%(税抜)、もう1つあるMAXIS全世界株式(2559)の信託報酬0.078%(税抜)と比べて高いのが欠点。eMAXIS Slimなど、一部の投資信託の信託報酬よりも高い。

 

しかも、隠れコストを考えるとさらに高くなるんやで。

 

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

 

この記事のまとめ

  • 海外の株に投資するETFが7本追加
  • 上場MSCI世界株(1554)を3つの理由で選んだ
  • 1つ目、多くの国・銘柄に分散投資できる
  • 2つ目、リスクを抑えつつ値上がりに期待できる
  • 3つ目、全世界ETFを保有していない
  • 信託報酬が高いのが欠点

 

 以上のことから、上場MSCI世界株(1554)に投資しました。人によっては「外国株式(為替ヘッジなし)ETF(2513)」、「外国株式(為替ヘッジあり)ETF(2514)」、「iS S&P500 米国株ETF(為替ヘッジあり2563)」に、投資するのもありかもしれません。

 

 この記事が楽しいセミリタイアの参考になれば幸いです。

 

-お金のこと, 資産運用

Copyright© すーまにあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.