ガジェット 気になるモノ

iPhone12miniとiPhone11ProMaxを比較レビューしてみた

iPhone 比較

 こんにちは、ガジェット好きのすーまん(@2525suman)です。

 

 以前、iPhone12miniとpixel5の比較記事でiPhone12miniを注文。11月17日、ついにiPhone12miniが届きました。そこで、今使っているiPhone11ProMaxと比べて、どうなのか?実際に使ってみてレビューします。

 

miniとpixel
【比較】iPhone12miniとpixel5どちらを買うべきか?

続きを見る

 

どのくらい良くなっているのか?比べるのが楽しみやで。

 

 結論からいうと、ほとんどの面で満足という結果になりました。

 

 この記事は2020年11月21日時点でのデータをもとに作成しています。

 

iPhone12miniとiPhone11ProMaxを比較

  iPhone12mini iPhone11ProMax iPhone11
ディスプレイ サイズ 5.4インチOLED
解像度 2,340×1,080
サイズ 6.5インチOLED
解像度 2,688×1,242
サイズ6.1インチLCD
解像度1,792×828
通信方式 5G 4G 4G
カメラ 12MP(超広角、広角)
超広角:f値2.4
広角:f値1.6
12MP(超広角、広角、望遠)
超広角:f値2.4
広角:f値1.8
望遠:f値2.0
12MP(超広角、広角)
超広角:f値2.4
広角:f値1.8
プロセッサ A14 Bionic A13 Bionic A13 Bionic
バッテリー容量 2,227mAh 3,969mAh 3,110mAh
セキュリティ 顔認証 顔認証 顔認証
ストレージ容量 64GB、128GB、256GB 64GB、256GB、512GB 64GB、128GB、256GB
本体サイズと重量 サイズ 131.5×64.2×7.4
重量 133g
サイズ 158×77.8×8.1
重量 226g
サイズ 150.9×75.7×8.3
重量 194g
価格 74,800円(税別)~ 119,800円(税別)~ 74,800円(税別)~

 こうしてスペックを見るとiPhone12miniは、1年前に発売されたハイスペック機のiPhone11ProMaxにも、負けないぐらい魅力があるのがわかります。ちなみに、1年前同価格だったiPhone11とは比べ物にならないくらい良くなっている。

 

iPhoneの進化スゲーな!

 

iPhone12miniの3つの魅力

現時点で各社とも、5Gエリアが狭く普段使いで利用するには難しいので、それ以外でiPhone11ProMaxと比べて3つの魅力を選んでみました。

 

5Gエリアなさ過ぎて意味がねェ!

 

プロセッサ性能

シングルコア比較

(出典)cpu-monkey シングルコア

マルチコア比較

(出典)cpu-monkey マルチコア

 プロセッサの性能について、cpu-monkeyにてベンチマークの比較をしました。pixel5に使われているSnapdragon765Gほどの差はないものの、しっかりと性能は上げてきています。長期間使うつもりなら、性能は高いほうがイライラせずに済みそうですね。

 

miniとpixel
【比較】iPhone12miniとpixel5どちらを買うべきか?

続きを見る

 

ちなみに重い処理のゲームをしないから、違いはわからん。

 

2.カメラ性能

 麺屋はなびにて、iPhone12miniとiPhone11ProMaxで、撮り比べをしました。店内の照明は、ダウンライトを使用しており若干薄暗い環境下で撮影。パッと見、両者に違いはなく、どちらもキレイに撮れています。

 

 しかし、上2枚(iPhone12mini)と下2枚(iPhone11ProMax)をよく比べてみると、辛ミンチの茶色、ニラの緑色が明るく撮れていることがわかります。

 

これが明るいレンズの効果や。

 

 iPhone10とiPhone11ProMaxほどの差はないけど、わずかですが、この差が料理を美味そうに撮るのに効果絶大なんです。

 

iPhone11Pro Max カメラ
画質に違いあり?iPhone10と11Pro Maxのカメラを徹底比較!

続きを見る

 

iPhone12ProMaxなら、センサーサイズが大きくなっているようで、より明るくキレイに撮れるっぽい。

 

3.本体の大きさと重さ

 実際に手に持ってみると、iPhone12miniが手になじむ大きさだということ。iPhone11ProMaxの大きさともなると、スマホリングは必須でした。iPhone12miniであれば手の大きさにもよりますが、スマホリングがなくても操作性も問題なく、スマホを落下させるリスクも少ないでしょう。

 

なじむ、実に!なじむぞ。

 

 せっかくのiPhone12miniのメリットを生かすため、基本的に何もつけずに運用する予定ですが、つけるとすれば極薄のケースや、純正品のレザーウォレットぐらいです。

 

 

 重さについても、iPhone11ProMaxと比べて約100gは違いがあり、ここまで差があると持った時点で軽さを実感できます。

 

めちゃ軽すぎるぞ!

 

気になるところ

 本体が小さいため、当然のことながらバッテリー容量が小さくなります。普段使いで約12時間経った時点では、バッテリー残量は66%でした。普段ならバッテリー切れの心配はなさそうです。日中に屋外で長時間使用するような場合は、モバイルバッテリーが必須でしょう。

 

iPhone10と11Pro Maxを比較!バッテリー持ちはどのくらい?

続きを見る

 

休みの日なら、1日持たなそう。

 

 

 もう1つが、薄々は気付いていましたが背面のデザインがiPhone4と同様に全面ガラスになっていること。色によっては指紋やホコリが目立ちます。その点、iPhone11ProMaxは、すりガラス状になっていて指紋、ホコリは全く気になりませんでした。

 

すりガラスでよくね?

 

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

 

まとめ

  • iPhone12miniは、1年前のハイスペック機種と比べても負けないぐらい魅力的
  • 11ProMaxと比べ、プロセッサ性能も高い
  • 11ProMaxと比べ、明るく鮮やかに撮れるようになった
  • 11ProMaxと比べ、圧倒的に小さく軽くなった
  • ただし、バッテリー持ちは悪くなった
  • 背面は指紋、ホコリが目立つ

 

 今回、iPhone12miniを購入しiPhone11ProMaxと比較してみました。この価格帯で、1年前のハイスペック機に負けない性能あるiPhone12miniは、コスパ最強でありバッテリー、背面のデザイン以外は大満足です。小型で高性能なスマホを探している人にオススメできます。

 

次こそは、2年ぐらいは使いたいもんじゃ。

 

 この記事が楽しいセミリタイアの参考になれば幸いです。

-ガジェット, 気になるモノ

Copyright© すーまにあ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.