すーまん

投資歴16年目の兼業投資家です。 このブログでは、ただただ楽しいセミリタイア生活を目指しています。 現在3年目突入、月間1万PV&ブログ収益月間4ケタ達成中!

気になるモノ

【レビュー】Mac mini M1を購入!使ってみたら想像以上に快適でした

Mac mini

 

 こんにちは、ガジェット好きのすーまん(@2525suman)です。

 

Mac mini M1

 2020年11月11日、ついにM1チップが搭載された13インチMacbook Pro、MacBook Air、Mac miniが発表されましたね。発売日は11月17日ということで、どれを買うか悩んだのち14日にAmazonでMac mini(8GB RAM,256GB SSD)を注文し19日に届きました。

 

 SurfacePro6を使っていて、2年ぶりのMacで当初は操作に戸惑いましたが、しばらく使っていくうちに慣れ想像以上に快適という結論になりました。それではMac miniについてレビューします。

 

やっぱMacは、ええのう。

 

 この記事は2020年11月26日時点でのデータをもとに作成しています。

 

M1搭載Macの主なスペック

 Mac miniMacbook AirMacBook Pro
ディスプレイ-サイズ 13.3インチIPS
解像度 2,560×1,600
サイズ 13.3インチIPS
解像度 2,560×1,600
プロセッサ8コアM18コアM18コアM1
メモリ8GB
16GB
8GB
16GB
8GB
16GB
ストレージ256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
256GB SSD
512GB SSD
1TB SSD
2TB SSD
本体サイズと重量サイズ(cm) 3.6×19.7×19.7
重量 1.2kg
サイズ(cm) 0.41〜1.61×30.41×21.24
重量 1.29kg
サイズ(cm) 1.56×30.41×21.24
重量 1.4kg
バッテリー-最大18時間最大20時間
セキュア認証-Touch IDTouch Bar
Touch ID
入出力端子Thunderbolt / USB 4×2
(USB-C)
USB-A×2
HDMI2.0×1
ギガビットEthernet
Thunderbolt / USB 4×2
(USB-C)
Thunderbolt / USB 4×2
(USB-C)
価格72,800円(税別)〜104,800円(税別)〜134,800円(税別)〜

 スペックを比較すると分かるとおり、プロセッサ、メモリ、ストレージと基本的な性能は横並びとなっている。選ぶとすれば、それ以外の部分で判断するしかありません。ちなみに、GIZMODOでのM1チップ搭載の実機ベンチマークテスト結果では、過去のMacを超えるほどでした。

 

これを見た限り、Proを買うメリットがない気がする。

 

 僕の場合、重い処理の作業(ゲーム、動画編集など)はするつもりもなく、写真などの大きめのデータもクラウドに保存するので、メモリは8GB、ストレージも256GBもあれば十分です。

 

Mac miniを選んだ3つの理由

 SurfacePro6を使い約2年が経った頃に、新型Macの発表があり3つの理由からMac mini(8GB RAM,256GB SSD)を選びました。

 

1.無駄がなく安い

SurfacePro6

この時点で15万円超え

SurfacePro タイプカバー

数回使用で1万円

 SurfacePro6を購入してから、外へ持ち出したのは2年で10回もありませんでした。基本は自宅の液晶モニター、外付けキーボードを接続して使用していたんです。

 

 それだけのために、普段使わないバッテリー、ディスプレイ、キーボードカバーに無駄にお金を払っていることになります。計算すると16万円以上支払っていました。

 

その点、Mac miniは無駄がなく価格も半額なんや。

 

Mac mini ケーブル

 開封すると入っているのはMac mini本体と電源ケーブルのみというシンプルさ。やろうと思えば旅行先へ持ち運び、ホテルのテレビに繋いで作業することもできる。

 

やらんけどな。

 

2.小型

モニター下 Mac mini MacBook Pro/Airと違い本体だけなので圧倒的に小さく、液晶モニター下にもスッキリ収まり邪魔になりません。しかも、デカイACアダプターがないのもポイント高いです。

 

これで、デスクが広く使えるわ。

 

3.入出力端子が多い

 MacBookであれば、USB-C端子なので性能は高いが使い勝手は悪い。実質、変換しないと使いづらい。しかも、2つしかないのでUSBハブが必須になります。

 

使いづらいわ。

 

Mac mini裏

(出典)Apple

 その点、Mac miniは入出力端子が多いのが魅力。Thunderbolt / USB 4とHDMI2.0を使えば、最大6Kと4K2台のモニターに繋ぐことも可能です。そして、使い勝手の良いUSB-Aが2つあるので、周辺機器の選択肢が広がります。

 

インテル機より端子数は減ったけど、まあ何とかなるでしょ。

 

Macを選ぶ3つのメリット

 Windows機とMacの両方を使ってみて、Macを選ぶ3つのメリットを紹介します。

 

1.Apple watchでMacのロック画面を解除できる

 パソコンのロック画面を解除するとき、どうしていますか?面倒なパスワードを入力して解除している人もいるんじゃないでしょうか?Windowsでも、顔認証や指紋認証でロック画面を解除できるパソコンも増えてきました。

 

Apple Watch

 Macの場合、指紋認証以外にもApple Watchを身につけているだけでロック画面の解除ができるんです。コロナ禍の中、顔認証、指紋認証も面倒だったので地味に便利な機能でした。

 

顔も指紋も失敗が多くて、イライラするわ。

 

2.アップル製品との親和性が高い

 Macは、他のアップル製品との親和性が高いです。たとえば、iCloudを介して簡単にメール、連絡先、カレンダーなどデータを共有できる。

 

AirDrop

 その中でも便利なのが、AirDrop機能です。この機能を使えば写真や動画、気になるサイトなどケーブルを使わず、瞬時にやりとりができます。

 

これは流石に便利すぎやで。

 

3.iphoneやipadのアプリも使える

 iphone、iPadのアプリがM1搭載Macから使えるようになりました。今は、対応アプリは少ないですが、もし全てのアプリが使えるようになれば、楽天証券アプリ「iSpeed」を使って大画面で米国株投資だってできるかもしれません。

 

早う、対応たのむで。

 

イマイチなところ

 Macのイマイチなところは、ゲームを含めアプリが少なく高いこと。ハッキリ言って、iphoneの方がゲームやアプリが多いです。だからこそ、Macでiphoneとipadアプリの完全対応が望まれる。

 

米国株取引以外にも、やりたいゲームがあるんですよね。

 

まとめ

 この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

 

まとめ

  • 2020年11月11日にM1チップ搭載Macが発表
  • Mac mini M1 8GB RAM 256GB SSDを購入
  • 安い、小型、入力端子が多いことからMac miniを選んだ
  • Macには、Windowsにはないメリットがある
  • ゲームを含めアプリが少なく高いことがイマイチ

 

 今回、2年ぶりにMac miniを購入しましたが、慣れてしまえば快適ですね。毎日、外に持ち出す人にとってはMac miniでなく、MacBook Pro/Airから選ぶのが最適解ではないでしょうか?

 

Mac mini カッコいい

やっぱりMacは、カッコええわ。

 

-気になるモノ
-,

© 2021 すーまにあ Powered by AFFINGER5