すーまん

投資歴16年目の兼業投資家です。 このブログでは、ただただ楽しいセミリタイア生活を目指しています。 現在3年目突入、月間1万PV&ブログ収益月間4ケタ達成中!

お金のこと 資産運用

【企業型DC】17年間でトリプルバガー達成!その運用商品と今後の運用方針

こんにちは、兼業投資家すーまん(@2525suman)です。

日本では、2001年10月より企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用が開始。私も今勤めている会社で2004年10月から、運用しています。

企業型DC
【企業型確定拠出年金】どれに投資すべき?18年前と現在の銘柄を徹底比較!

続きを見る

2021年11月に入り、17年間運用してきた企業型DCが、掛け金に対し資産評価が3倍に増えたことでトリプルバガーを達成しました。

そこで、どうやってトリプルバガーを達成することができたのか?これまでの運用商品と、セミリタイアに向けた今後の運用方針について紹介します。

この記事は2021年11月21日時点でのデータをもとに作成しています。

17年間でトリプルバガー達成!

2004年10月から、掛け金として毎月14,000円が会社から振り込まれています。

この掛け金をもとに資産運用を17年間続けた結果、掛け金2,856,000円8,643,282円に増やせたことで、ついにトリプルバガーを達成することができました。

トリプルバガー達成まで長かったわ。

2020年7月に、ダブルバガー達成。その1年後にはトリプルということで、かなりのハイペースで資産が増えています。

トリプル達成。早すぎるで。

2020年7月ポートフォリオ公開
ポートフォリオを公開!2020年7月国内株が右肩下がり!

続きを見る

これまでの運用商品

現在の運用商品は、野村外株インデックスファンドのみで資産運用しています。

資産運用始めた頃は、資産を減らさないように元本保証型を中心に、国内債券、バランス型、国内株式ファンドなど分散して投資していました。

ただ、この運用では資産を大きく減らすことも増やすこともありませんでした。退職金がない代わりに会社が企業型DCを導入している以上、このまま運用しても資産は大して増えず将来が不安です。

そこで、アベノミクスを機に運用方針を大きく見直しました。2013年と2016年には、資産を増やすことを考えた運用商品へと変更もしています。この決断がのちに、トリプルバガー達成に繋がったわけです。

あの時、決断して正解やったわ。

企業型確定拠出年金
【資産評価額】企業型確定拠出年金を16年間で倍増させた3つの方法

続きを見る

今後の運用方針

トリプルバガーも達成したので、セミリタイアに向けて今後の運用方針についても考えましたが、今の会社で勤めている限り、これまで通り1つの運用商品に集中投資をして、ひたすら放置するという結論に至りました。

増えてるなら、このままでええやん。

本来であれば、年齢を重ねるとともに国内債券や元本保証型の比率を高めるなど、リスクを減らしていくのが定番の運用方針です。

ですが、税制優遇措置というメリットがある以上、私は60歳まで運用方針を変えることなく、ギリギリまで利益の最大化を図りたいと考えています。

これは、セミリタイアをして企業型DCからiDeCoに移っても、毎月の掛け金や運用方針も変えるつもりはありません。ただし、運用商品についてはiDeCoに移るのを機に変更します。

多分、全世界株式ファンドにするかも。

iDeCo 比較
【徹底比較】iDeCoを始めるなら楽天証券とSBI証券どちらがオススメ?

続きを見る

まとめ

この記事を簡単にまとめると、こんな感じになる。

この記事のまとめ

  • 2021年11月に、企業型DCがトリプルバガー達成
  • 当初の分散投資から、現在では野村外株インデックスファンドに集中投資
  • 今後も今まで通り、1つの運用商品に集中投資、ひたすら放置
  • セミリタイア後、iDeCoに移っても運用方針変えません

受け取り時に、資産が減っている可能性もありますが、さすがに元本割れはないと考えています。このまま、60歳まで毎月14,000円を掛けると588万円になりますが、残りの運用期間で、これをどこまで増やせるのか?楽しみですね。

この決断が正しいか、どうかは60歳になればわかるはずや。

この記事が楽しいセミリタイアの参考になれば幸いです。

-お金のこと, 資産運用
-